無実を証明してほしい

無実の罪を晴らすため、全力で弁護活動を行います

弁護士法人アルテは、無実の罪で逮捕されてしまった方の疑いを晴らすために、弁護活動を全力で行います。違法な取調べによる冤罪を防ぐために、捜査機関への対応や、証拠集めなど、適切な弁護活動を行っていきます。

冤罪を生まないために、取調べに対して適切に対応することが重要

多くの冤罪事件は、違法な取調べに対して迅速に適切な対応を行えなかったことが原因です。

取調べ中の捜査機関は、あなたが犯人であるという疑いを持ち、また、なるべく早く自白を取ろうとして取調べを進めてきます。これに対して、取調べを受けるあなたは、長時間におよぶ取調べや威圧的な取調べによって心身ともに追い詰められていってしまうことがあります。また、逮捕されてしまった方にとって有利な証拠は、有利な証人の記憶が時間の経過により薄れるなど、時間の経過に伴い次第に少なくなっていく可能性があります。

捜査機関から疑いの目で取調べを行われ、その取調べで追い詰められていってしまい、苦しい取調べから解放されたい一心で、事実とは異なる虚偽の自白をしてしまうケースもあります。虚偽であっても、一度、自白の内容が記載された調書が作成されてしまうと、裁判においてそれを覆すことは難しく、何ら罪を犯していないにもかかわらず、有罪判決が下されてしまう可能性があります。

取調べ前に弁護士に相談することで、取調べの対処方法を知る事ができ、取り調べの不安を取り除くのに役立ちます。

虚偽の自白をしてしまった場合

仮に、事実とは異なる虚偽の自白をしてしまい、その旨を記載した調書が作成されてしまった場合でも、最後まであきらめずに無実を主張していく必要があります。取調べの違法性や、調書の違法性を裁判で主張し、証拠とすることはできない旨、訴え続けることが重要です。

弁護士法人アルテにご相談ください

弁護士法人アルテは、冤罪を防ぐため、無実の罪を証明するために、全力で取り組みます。逮捕されてしまった方に対し、冤罪を防ぐために取調べの対処方法をアドバイスします。取調べの違法性をチェックし、捜査機関に対して是正を要求するなど適切な対応をいたします。また、逮捕されてしまった方にとって有利な証拠を迅速に集めて容疑を晴らす活動を行います。

もし、虚偽の自白をしてしまい、調書が作成されてしまった場合は、違法な取調べによって虚偽の自白をせざるを得なくなったことを裁判で主張します。そして調書が違法なもので証拠として採用できない、無実であると主張し続けます。

無実の罪を証明し、元の生活に戻るために、早めに弁護士にご相談いただくことをお勧めします。

刑事事件相談・よくある質問集(FAQ)はこちら

弁護士相談30分3,500円(税別)

ご相談・ご依頼から速やかな弁護活動を開始します。地元密着で広く刑事事件分野に対応しております。

夜10時まで弁護士面談。土日祝日も相談受付中。

阪神尼崎駅 徒歩30秒。

ご相談予約専用フリーダイヤル

受付時間:9時~21時(相談は22時まで対応)土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約 24時間受付

ご家族の様子が心配な方、当事務所にご相談ください。

弁護士相談30分 3,500 円

緊急接見 5万円

(表示価格は税別)

費用詳細ページはこちら

ご相談予約専用フリーダイヤル

通話料無料 完全予約制

(携帯・PHSでもどうぞ)

受付時間:9時~21時(相談は22時まで対応)土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約24時間受付

交通アクセス

阪神尼崎駅 徒歩30秒

尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング6階
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

尼崎・西宮・芦屋・大阪を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。